×

PRICE

CUT

CARAT

CLARITY

COLOR

PLAN


kanteikikan Appraiser

鑑定機関は世界中に存在し、
それぞれにダイヤモンドの品質証明がございます。

その中でも世界的権威とされるGIA、国内最大鑑定機関CGL、
鑑定機器の世界トップシェアを誇るSarineをご紹介します。

鑑定機関

Propose&Ringの取扱うダイヤモンドは、すべてGIA/CGLいずれかのグレーディング・レポートが発行されております。

さらにSarine Light ™ライトパフォーマンスレポートが発行されているダイヤモンドも取扱い、
お客様に安心してダイヤモンドをご購入いただけるよう品質証明を行っております。

GIA(米国宝石学会)

GIAダイヤモンド・グレーディング・レポート(Diamond Grading Report)、もしくはGIA ダイヤモンドドシェ( Diamond Dossier ® )を発行しています。
ダイヤモンドの鑑定基準は、GIAの基準に準じているためダイヤモンドの鑑定機関としては最も信頼度と権威があるとされています。

また、GIA鑑定書付属のダイヤモンドには鑑定書との同一性を保つ為、GIA 鑑定書番号がダイヤモンドガードル部分に刻印されています。
10倍のルーペようやく確認できる大きさのため、ダイヤモンドのクオリティーを損なうことなく信頼性を保つことが出来ます。

これらGIAの鑑定書をお付けすることで、当サイトの販売するダイヤモンドの品質に間違いがないことを証明し安心してご購入いただけます。

※GIA鑑定書にはH&C以上のダイヤモンドに関するH&Cレポートは付属されません。
※GIAダイヤモンドドシェはグレーディング・レポートのコンパクト版となるため、
内包物を示す図がありません。

CGL(中央宝石研究所)

CGLダイヤモンド・グレーディング・レポートの他、ハート&キューピッド™のレポートを発行しています。
CGLは、日本国内のみならず国際的な関連学会などにも積極的に参加し、宝石学に関する幅広い研究を行っている日本を代表する鑑定機関です。

国際的に認められている体系的な評価方法と基準を用いての最低2人以上のグレーダー(評価者)によるダイヤモンド品質鑑定は高い信頼を得ています。

Sarine™(サリネ・テクノロジー社™)

Sarine Light ™ライトパフォーマンスレポートを発行しています。
イスラエルに本社を置く、ダイヤモンドの鑑定・評価システム開発の分野で最先端の技術を持つSarine社が開発した、輝きを科学的に証明する評価基準です。

Sarine社の測定機器は、GIA(米国宝石学会)やCGL(中央宝石研究所)など世界中の鑑定機関、ダイアモンドカット業界において80%以上のシェアを持ち絶対的な信頼を得ています。