×

PRICE

CUT

CARAT

CLARITY

COLOR

PLAN


FLUORESCENE

ダイヤモンドの蛍光性-もう一つの評価品質。

ダイヤモンドの蛍光性

ダイヤモンドの品質は、4C(カラット:重量、カラー:色、クラリティ:透明度、カット:研磨の良し悪し)で評価されますが、
プロの間ではもう1つチェックされる項目があります。それはダイヤモンドの蛍光性です。

ダイヤモンドに紫外線を当てると、蛍光を発するものがあります。その程度により、None(全くなし)、Faint(かすかに)、Medium Blue(中程度の青蛍光)、Strong Blue(強い青蛍光)、Very Strong Blue(非常に強い青蛍光)の5段階に分類されます。

蛍光性が強くとも品質が悪いわけではありませんが、蛍光性がStrong BlueやVery Strong Blueのダイヤモンドの場合、見た目がはっきりする良い影響を与える場合と、逆に薄いもやがかかったように見えたり、油をたらしたような感じに見える悪影響を及ぼす場合とがあります。

よって、蛍光性がStrong BlueやVery Strong Blueのダイヤモンドの場合は、蛍光性が見た目に良い影響を与えているものか、悪い影響を与えているものなのかをチェックする必要があるのです。