×

PRICE

CUT

CARAT

CLARITY

COLOR

PLAN


U3S

「永遠に変わらない」最高の輝きを約束するダイヤモンドを贈りたい。

1919年にマルセル・トルコフスキーが完成させたといわれるラウンドブリリアントカット。
ダイヤモンドをより美しく輝かせたいという人間の根源的な情熱は、多くのカッターや研究者が歓迎し、
長い間受け継がれ、トルコフスキー案に対しても、多くの指摘や計算がなされてきました。

マルセル・トルコフスキーの時代から約100年たった今、時代は新しい扉を開こうとしています。

「輝きそのもの」を測定し、評価できる最新の3次元測定技術の登場です。
この技術を開発し測定機器を完成させたのはイスラエルのSARiNE社。GIAや中央宝石研究所など、世界中の鑑定機関、ダイアモンドカット業界で使用される様々な機器のシェアが80%以上という信頼のブランドです。

 

Point「3次元測定技術Sarine Light™(サリネ・ライト)について」

     ×

サリネ・ライトTMは、ダイヤモンドの持つ 様々な要素を含めた輝きを総合的に分析する、 最も精度が高く正確な測定器です。

ダイヤモンドには4つの輝きの要素があり、それぞれがダイヤモンドの輝きに対して 異なった役割を持っています。
サリネ・ライトTMではその4つの輝きを分析、 最終的に統合された1つの「輝き」としてダイヤモンドの輝きを評価します。


BRILLIANCE

BRILLIANCE

ダイヤモンドから放たれる白色光の輝き

ダイヤモンドから発する、白色の強い光です。
ダイヤモンドの内部を反射する輝きと、表面反射によって生じる輝きがあり、ダイヤモンドに入った光が強さを保ったまま分光されずに反射することによって生じます。


SPARKLE

SPARKLE

ダイヤモンドあるいは観察者が動くことで放たれる輝き

ダイヤモンドや光源が動く際に生じる煌めきです。ダイヤモンド自体や光源の動きに合わせてダイヤモンドから無数のフラッシュが生まれますが、丁寧にカットされたダイヤモンドはより多くのスパークルを生み出します。


FIRE

FIRE

ダイヤモンドから反射される鮮やかな虹色の輝き

ダイヤモンド内部に入った光が内部反射の際に分光されて放つ虹色の輝きです。
白色光がダイヤモンドの内部で反射する際、プリズムのように分光され鮮やかな虹色の光を生み出します。美しい虹色の輝きを持つダイヤモンドは高い評価を得ます。


LIGHTSYMMETRY

LIGHTSYMMETRY

ダイヤモンドから反射される光の分布の対称性

ダイヤモンドから発する、白色の強い光です。
ダイヤモンドの内部を反射する輝きと、表面反射によって生じる輝きがあり、ダイヤモンドに入った光が強さを保ったまま分光されずに反射することによって生じます。

サリネ・ライト ライトパフォーマンスレポートのサンプルはこちら


ごく最近まで「完璧なカットであればダイヤは輝く」という理論に基づき販売、購入されていたダイヤモンド。つまり、GOODカットよりもVERYGOODカットの方が輝き、EXCELLENTは最上の輝きとなります。

究極はトリプルエクセレントカットのはず。

本当にそのようになっているのでしょうか?

アルティメット・スリー・スターダイヤモンドは、ダイヤモンドの輝きそのものを、SARiNE社の測定器「サリネ・ライト」を使って測定後、究極の輝きを放つダイヤモンドにしか与えられない評価基準です。

SARiNE社の圧倒的技術力と開発力、そして蓄積してきたノウハウにより、ダイヤモンドの輝きは4つの側面から総合的に測定・解析・評価され、科学的根拠による客観的データとしてお客様の手元に届けられます。

アルティメット・スリー・スターダイヤモンドは、究極の輝きを証明する唯一のダイヤモンドブランドなのです。

アルティメット・スリー・スターダイヤモンドが、なぜ輝きを証明するのか・・・

 Point「 輝きを証明する理由」

     ×

そこで、ダイヤモンドの輝きを4つの要素にわけ、ダイヤモンドから放たれる光を4要素の組合せで測定・解析・評価するシステム、「サリネ・ライト」を完成させ、ダイヤモンドがどのように見えるか、どの位輝いているのかを消費者に分かりやすく伝える方法を実現したのです。

SARiNE社は、従来からある4Cの評価システムは、消費者にダイヤモンドの希少性については説明できるものの、現実にどのように見えるか、どの位輝いているのかを必ずしも正確に伝えられていないと考えていました。


「サリネ・ライト」で測定されたダイヤモンドの輝きは「ライト・パフォーマンス・レポート」という形にグラフ化、画像化され、SARiNE社のサーバー上にアップロードされます。

「ブリリアンス」、「ファイヤー」、「光のシンメトリー」、「スパークル」の4要素すべてが、Exceptional(特別に優れた、並外れた)の域に達したダイヤモンド、つまり究極の輝きを放つダイヤモンドに与えられる称号が「アルティメット・スリー・スター」です。

例えトリプルエクセレントのカット評価がされたダイヤモンドであっても、4要素すべてにおいての測定結果がExceptional(特別に優れた、並外れた)の域に達していなければ、アルティメット・スリー・スターの称号は与えられません。

「完璧なカットであればダイヤは輝く」という理論の時代は終わり、ダイヤモンドの輝きは「証明する」時代へと進化したのです。


THE LIGHT PERFORMANCE GRADING SCALE

THE LIGHT PERFORMANCE GRADING SCALE

4種の輝きは個別に測定・評価され、最終的にひとつの「総合グレード」を導き出します。
「総合グレード」は9段階に分類され、Ultimate★★★グレードのダイヤモンドのみが最高に輝くU3S-アルティメット・スリー・スターダイヤモンドとして称号を得ることができます。

#関連記事「Sarine Light ™ライトパフォーマンスレポート